一度は出かけてみよう!国内の絶景スポットはいくつかあります

北海道の幻想的な青い池

青い池は北海道にある観光スポットで、冬の青い池は雪が覆われていて池そのものが凍っています。光も差し込み幻想的な雰囲気を醸し出す観光スポットとして人気があるのです。ここは、写真撮影にも利用できるスポットなので、写真好きの方で撮影場所を探しているのなら選択肢に入れてみましょう。また、SNSサイトへの写真投稿にも適した場所なので注目です。他の池とは違い、水面がなぜか青く見えるのが特徴で、独特の雰囲気を出しています。池の周辺には立ち枯れたカラマツの木が並んでいるので、まるで絵画のような見た目をしているのも魅力的な場所です。青池は、美瑛駅から車で約20分のところにあるので、アクセスもしやすいのがメリットと言えます。

スノースポーツを楽しみたいなら八甲田ロープウェー

八甲田ロープウェーは、八甲田山にあるスポットです。ここは、冬場になるとスノースポーツを楽しめる場所として旅行客にも人気を博しています。また、秋口になるとブナやカエデといった木々が立ち並び、色鮮やかなコントラストを醸し出すのも魅力でしょう。12月には、スキーやスノーボードを楽しめるくらい雪が積もり、白銀の世界ができます。5月中旬まで、長い期間スノースポーツを楽しめるのが特徴的な山です。そして、独特の現象として冬になればスノーモンスターと呼ばれる樹氷が見れます。これは、アオモリトドマツに雪と氷が覆いかぶさっている状態で、日本でも確認できる場所はかなり少ないのです。たくさんのスノーモンスターが立ち並んでいる幻想的な風景を楽しめるので、撮影スポットとしても活躍するでしょう。ちなみに、樹氷は1月から2月中旬くらいまでが見どころです。

アドドドヴェンチャーをしらべる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です