旅行の移動は新幹線をオススメできる3つの理由

新幹線の本数は飛行機とけた違い

旅行にいく時は、仕事が終わってから旅行に出発する場合や、用事を済ましてから出掛けたりと何かとスケジュールを調整することがありますが、スケジュール管理するうえでオススメできる移動手段が新幹線なのです。東京ー大阪間の移動を例にすると、飛行機の場合は各航空会社のフライト数を合算しても1日に50便ですが、新幹線は1日に150本以上が運行されています。飛行機と比べ3倍もの数ですので、旅行にいくために用事を調整するときは新幹線の方が調整しやすいですね。

乗車するまでが楽チン

飛行機に搭乗する時は、搭乗手続きをしなければなりません。この搭乗手続きが意外に時間がかかるものです。特に大型連休で旅行客が多い時期だと、飛行機に乗るだけで一苦労する時もあります。しかし新幹線は、乗車券と特急券を改札に通して乗車する新幹線のホームまでいけばよいだけですので、煩わしさがありません。

行く場所によっては飛行機より早い

飛行機は空港にいって搭乗しますが、空港は街から離れた場所に建設されていることが多いですよね。それに比べ新幹線は、都心や街の中心に駅がある場合がほとんどで、アクセスもしやすく容易に乗車することができます。飛行機だと東京ー大阪間は約1時間で、新幹線なら約2時間で移動できますが、自宅から目的地までのトータルの時間で見れば、訪れる場所によっては新幹線で移動した方が早く到着する場合もあったりします。スケジュール管理やアクセスのことが気になる場合は、新幹線を使った旅行を考えてみましょう。新幹線を選ぶだけで、悩んでいることが解決できるかもしれませんよ。

アドドドヴェンチャーをしらべる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です