遠方へ旅行をする場合におすすめなのが新幹線や特急です

大都市間の移動に最適な新幹線

新幹線は、東京から大阪方面・東北方面などに路線が伸びており、国内旅行の大切な足として知られています。東京駅と新大阪駅を結ぶ東海道新幹線は、1964年に運行が開始し、当時は約4時間・最高時速210kmでしたが、現在は最短2時間22分・最高時速285kmで移動する事が出来ます。新幹線の名称は、のぞみ(最速タイプ)・ひかり(乗降客の多い駅にも停車)・こだま(各駅停車)の3つがあり、こだまはのぞみとひかりの通過待ち合わせの為に、途中駅で5〜10分程度の停車を行うのが一般的です。こだまは、平日朝と夜の利用が多い事が特徴であり、上りの東京行は浜松・静岡・三島が始発の設定もあるので、通勤客の需要が多くなっています。

特急を使って移動する

関東地方で新幹線が走っていない茨城方面・山梨方面は、在来線に特急を走らせており、前者は品川・上野、後者は新宿・東京から郊外に向かう事が出来ます。両者共に高速バスと激しい顧客獲得競争を繰り広げている事が特徴で、多くの旅行客に乗ってもらうために、通常購入より割安なネット割引を提供しています。この割引は、クレジットカード登録をして会員になっているのが必須ですので、頻繁に使う場合や出来る限りお得に移動したい場合は会員になっておく事をおすすめします。

座って乗りたい場合は指定席を予約

新幹線・特急には自由席・指定席・グリーン席などが存在しますが、確実に座って乗りたい場合は指定席かグリーン席を予約しておく必要があります。土休日・年末年始などは指定席利用率が高まるので、発売日当日に確保しておく事をおすすめします、

アドドドヴェンチャーをしらべる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です